FC2ブログ

STRINGS

麻縄による緊縛を紹介するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

意味

近代緊縛の基本の形は先人の方々の嗜好錯誤の上でできたと思います。

美しさ、安全性、拘束性・・・

縛り手は縄筋の意味を、理解する必要があると思います。

①なぜ「ここ」に縄をかけるのか?
②なぜ「この場所」は「この留め」をするのか?
③なぜ「ここ」のテンションは「この」テンションなのか?

理由があります。

最近の緊縛ブームの中で、形だけが伝わり、各所の意味が伝わっていかない。
緊縛講習会の講師さえ、会によっては理解しない講師が形だけを教えていたり
するのが悲しき現実です。

無論、一番大切なのは安全性です。

残念なことに、安全性に対して興味、関心さえない縛り手が多すぎます。

本当に受け手を大切にする気持ちがあるなら、安全性について関心を持って、
いろいろと情報を採集したり、学んで欲しいと思います。

但し、縛りの安全性についてはある程度の基本はありますが、こうすれば
大丈夫と言う正解はありません。受け手の身体はそれぞれでです。

有名な縄師でも意見はそれぞれ持論も異なりますし
ホント危ないプロの縄師も多いですからね

私が言いたいのは、縛りの危険性について意識し、理解し、安全性について
最優先に考えて緊縛ライフを送ってほしいということ。

受け手の女性も緊縛は危険な行為と理解して、縛り手を選んだり
縛り手とともに安全性について話して理解を深めてほしいと思います。

以前も書きましたが私も過去に相方に怪我を負わせたことがあります。
手の痺れで1ヶ月以上、箸すら持てない状態。

ともに難しい縛りをしていた訳でないときに起きました。
自分も縛られて遊んでいるときに親指の痺れを残したこともあります(笑)


綺麗だとか、エロいとか、気持ちいいとか、かっこいいとか・・・二の次ですよね
綺麗だからでなくて、綺麗でなくても相手に対して十分な
配慮がある、縛りはこころに響きます。

縛り手さんは、上記①②③について自分の縛りについて「安全性」という観点で
是非、一度考えてみてください。理由をいくつ答えられますか?

前科のある私も今後も常に自問自答と、多くの先輩や同志から学ばせてもらいます。

皆さんも縛りの危険性について意識し、理解し、安全性について最優先に考えて安全な
緊縛ライフを楽しんで下さいね。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2011/08/01(月) 22:35:39|
  2. 緊縛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<謹賀新年 | ホーム | >>

コメント

naokiさん
新しい職場にはもう慣れてきましたかね?
今回の内容は身にしみます。
私も一度頼まれ縛った女性の手に痺れを負わせてしまいました。
でも、私たちがお願いしたこと、気にしないでくださいね。
・・・と温かい気遣いをいただきました。
正直、誰に縛りを習ったわけでなく、意図なんて気にも止めたことはありません。
ただ一つ、相手への気遣いだけは欠かしません。
私の縛りは拷問に近いものもあります。
だから相手の反応、肌の色、呼吸には細心の注意を払うようにしています。
また、痺れを負わせた時の縛りを見直し、神経の勉強をしました。
失敗も経験・・・自分の縛りを見直すいい機会をいただきました。
お山の大将になることなく自分の縛りを追求していきたいですね。
もちろん安全第一に・・・
  1. 2011/08/04(木) 18:51:23 |
  2. URL |
  3. masaki #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

masakiさん

新しい職場は新鮮でおかげさまで楽しんでます。

今回のこのテーマはちょっと大げさに書きすぎたかなと
も思ってますが、やっぱり安全第一じゃないと

masakiさんも経験あるのですね
私も最初にやってしまったときに相方とともに
かなりショックを受けました。
そこで初めて本当の意味で気が付いた気がします。

お互いに安全で充実した緊縛ライフを!
  1. 2011/08/06(土) 21:20:05 |
  2. URL |
  3. Naoki #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://strings70.blog17.fc2.com/tb.php/282-c8254c9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Naoki

Author:Naoki
緊縛と緊縛写真の愛好家。


「STRINGS」には・・・・

一本の麻縄を通じて、
男と女の新たな究極の関係、姿を描きたいという想いを込めました。





*アダルトコンテンツのため、20歳未満の方の閲覧はご遠慮ください

*リンクフリーです。
*全てのコンテンツの無断複製・無断使用は禁止とさせて頂きます。

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。